法人カード

更新日:2014/10/01

法人カードについての説明


クレジットカードの「法人カード」とは、その名の通り、法人(個人事業主や企業)向けに発行されいるカードとなります。このカードはコーポレートカードとも呼ばれています。どんなにこのカードを作りたいと思っても、個人では作ることはできず、個人事業登録していない限り申し込むことはできません。

個人とは違って、個人事業主や企業などの法人は倒産のリスクが高いため、このカードを作ろうとしてもそれなりの経営状況の会社でなければ作ることはできません。原則としては、3年以上の経営歴があり、かつ黒字であることが前提条件となり、この法人カードの発行は一般的に難しいとされています。主に大企業や中堅企業等の法人を対象に発行されることが多く、経費決済用として用いられます。個人カードとの違いは基本的にありませんが、カードによっては一切ポイントが貯まらないカードも存在します。

では、この法人カードの利点とはどのようなものがあるのでしょうか。法人役員や社員の出張費、交際費などを会社全体や部門別、個人別に分類して管理できるのが特徴となります。このことにより、経費管理を簡素化、効率化することができます。また、接待費や会議費、雑費などの日々発生する経費をカードにて決済することにより、社員への仮払いの手間を省くことができるというメリットもあります。しかしながら、会社で利用するためのカードにも関わらず、個人に連帯保証を負わせるカードも存在するので注意が必要です。この場合、万が一会社が倒産した際には、その利用した人に請求されることとなります。

無担保借入で危険な部分とは


無担保借入は非常に借りやすく、さらにすぐに借りることができるので、かなり多くの方が利用をしているローンです。この無担保借入ですがとてもいい部分もあるけれども、ちょっと危険な部分もありますので、まずはこの危険となる部分を理解しておくようにしてください。では危険となる部分はどこなのか、それは闇金も無担保借入の仲間ということです。借りる際ににどうしても審査が通らないとなると、闇金に手を出してしまう方が非常に多いのが事実になります。闇金でも普通の金利そして普通の取立てをしているのなら特に問題点はありません。しかし闇金のほとんどが法外な金利、さらにとても怖い取立てをしてくるのが事実です。そうなると本当に辛い思いをしてしまいます。このような辛い思いをしないようにするためにも絶対に無担保借入はいい方法なのではないことを理解しておくことです。どうしてもお金が必要としてしまっている時は特に危険で、なんとしてもお金を手に入れるようにしてしまいますので、闇金を利用してしまう形になります。お金が必要としてしまっていることはもちろんわかりますが、しかし後々のことをしっかりと考えるようにしてください。考えるようにすることで闇金から回避することができます。どうしてもお金がいつもきつい状態になっているのでしたら、お金を借りるようにするのではなくて、まず無駄に使ってしまっている部分を削るようにしましょう。そうすることによってお金が辛い状態から解放されるかもしれません。

消費者金融の審査




消費者金融の審査についてです


浪費や無駄遣いを継続していると、手持ち資金が不足する可能性があるので、注意をしなければならないです。万が一、金欠となり生活費が不足するのであれば、消費者金融でキャッシングをする事が重要となっています。キャッシングとは、個人を対象として少額の資金を貸し付ける事を意味しており、原則として担保を必要としない事が魅力です。キャッシングが可能な消費者金融に関しては多岐に渡りますが、金利などの融資条件が異なるので、それぞれを比較し検討を重ねてから決める必要があります。融資条件に満足をした場合においては、申し込みをして審査を受ける事になります。審査基準については厳しくないので、安定した収入が見込める方であれば、高い確率で審査に合格をする事が可能です。また、審査時間は数分となっており、時間に余裕がない方でも気軽に利用できます。キャッシングをした場合においては、当然のように返済をする事になりますが、その際には金利に応じた利息も支払わないといけないです。利息の金額に関しては、日割り計算となっており、借りた日数及び金利によって計算されています。そのため、借入期間が短ければ利息の負担が軽減されるので、早めに完済できるように努力をする必要があります。そうすれば、大きな損失を被る事がなくなり、経済的な負担を抑えられます。自身の返済能力を超えないような借り入れを心掛けていれば、支払いが滞るような事態には陥らないので安心できます。

消費者金融の審査基準